28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ロッカーズ


(C)「ROCKERS」製作委員会






アマチュア・バンド「ロッカーズ」のヴォーカル、ジンは、ドラムのモモちゃん、ベースのガクちゃん、ギターのコーちゃんを引き連れ、プロへの道を夢見ている。ある日、新メンバーのオーディションを行ったジンたちは、抜群のギター・テクニックを持つタニを仲間に加えた。練習を重ね、小さなライブハウスで演奏しながら実力をつけていくロッカーズ。やがてロッカーズは、プロへの登竜門であるコンテストに出場することに。しかし、タニは目の病を抱え、失明の危機に追いやられていた。
                  -goo映画




陣内孝則初監督映画。自身の自伝的作品。
そして博多っ子のマストアイテムでもある。

のっけからご当地色満載で始まります。ベイサイドプレイス、博多埠頭、西新商店街・・・しかも無意味にwこれは博多っ子が観るのと他県の方が見るのとで違う印象でしょうね。

映画自体は勢いそのもの。実に爽快で音楽も疾走感に溢れてます。そしてところどころにあるコメディ。なかなか楽に面白いですよ。

69と同じく根本はエロ&ギャグ。ただ、69よりもロッカーズの方がバカっぽい。このバカっぽさが実にいいわけですが。

この映画ロッカーズ、陣内役と谷役のフロント2人以外の3人は木更津キャッツアイと同じメンバーですね。すでに熟練トリオ。

試写会で陣内氏は「そのうちロッカーズ2を・・・」と言ってましたが、さて・・・。

余談ですが、劇中で使われる『恋をしようよ』という曲は管理人の高校の先輩である『ルースターズ』の曲です。やりたいだけーーって曲ね。あともう一曲ルースターズの曲使われてたと思う。ロックンロールの当時はコピーが流行ってたんですかね。

楽に観れて面白いので何度観ても笑える作品だと思います。


総合★★★★☆

映像★★★☆☆
脚本★★★☆☆
感動★★★★☆
音楽★★★★☆
スポンサーサイト


  1. 2005/10/01(土) 10:22:56|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/107-81a44f42
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。