28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

NANA


(C)2005 「NANA」製作委員会


どこにでもいるミーハーな女の子の小松奈々(宮崎あおい)は、上京すると途中の列車で、同じ名前、同じ年の大崎ナナ(中島美嘉)と運命的に出会う。
                   -flix




現在爆発的な人気を誇っている矢沢あいの同名少女漫画が、中島美嘉と宮崎あおいを主演に迎え実写化された。“ナナ”という2人の女の子を主人公に、等身大の恋愛と友情を描いた群像劇。


良くも悪くも少女漫画。
原作を知らない管理人はもっと音楽テイストな映画かと思っていたわけですが、恋愛と友情の映画ですね。
不覚にも涙したシーンが一つだけありました。終盤近辺だったかな。

んでけっこう突っ込み所は多いですね~。

原作に忠実に再現しているらしいのでこれでいいのでしょうが、映画として観ると惜しい感じがあります。

まずはのっけから。中島美嘉のバンドが出てきてすぐのセリフ。
「こんばんわ、ブラストです」
ぷっと笑ってしまったのは管理人。ちょっとチープな流れを一瞬感じてしまったもので不安だったんですけど、まぁそれは無かったです。

ブラスト(中島美嘉のバンド名)のライブシーン。ハイドが書き下ろした曲が非常にいいのでテンポアップするのですが、1番が終わったあたりで回想シーンに入ります。爽快感をようやく感じられた頃にまたテンポダウン。盛り上がり所を無駄にしてる。
他にもグラマラススカイ(シングルで売れてる曲)を中島美嘉があて言葉で歌うシーン。こら、なぜそこでスローにする(-_-;なぜ無音にする(-_-;

ヤス(ブラストのドラム)の言葉で「お前が行かないんだったら、ナナは俺がもらうぞ」というセリフがあるんですが。「えっ、何言っちゃってんの?君ナナが好きだったの?」みたいな印象でしたね。いつのまにー@w@;


◆恋愛的要素について。
これはけっこう現代の若い女の子は共感できるんじゃないかな?正直管理人にとっては宮崎あおいのNANAはただただめんどくさい女にしか映りませんでしたが。
中島美嘉のNANAの恋愛は男から見てもけっこう納得できる感じじゃないですかね?相手にコンプレックスを抱いてるから自分ももっと自信を付けて相手と対等にありたいという気持ち。こういう女性には惹かれますね。



◆演技についてそれぞれ。
主演の2人は文句無しに巧かった。これは間違いない。原作知らない管理人なので原作とどうこうはわからないですが、映画ではバッチリ。

んで松田龍平。管理人のことを知ってる人はわかるでしょうが、今まで100人以上に『そっくり』と言われたものであまり他人とは思えないとです。御法度以来のスクリーンの彼を見たんですが、良かったんじゃないですかね?彼だけはど~もいつも批評できません。自分を自分で言ってるみたいで(-_-;

成宮寛貴。彼は今回良かったと思う。普段管理人の目にはチープに見えがちなんですが役柄がはまってました。ただ、彼がいることでブラストがビジュアル系に見えるというオチもついてますが。

玉山鉄二。宮崎あおいの憧れの相手なのでもちっと出番増やしてあげてほしかった。演技を語るほどの出演時間ではなかった。


集合写真に入れるのが不思議なくらいセリフが少ない玉山鉄二


平岡祐太。宮崎あおいがめんどくさくなって流される男役なわけですが、かなり良かった。っていうか髪伸びたね。いい男路線でいくにはちょっと厳しいので、少し癖のある役柄はどんどん出演していくと光りそう。けっこうリアルな演技です。


総評として、ま~こんなもんか~な感じ。原作云々がなければもっと音楽色を打ち出してもよかった気がします。脚本については疑問。


総合★★★★☆

映像★★★☆☆
脚本★★☆☆☆
感動★★★★☆
音楽★★★★★
続編の製作も決定したらしいです。
スポンサーサイト


  1. 2005/10/02(日) 00:36:59|
  2. movie|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:2

  

コメント

hmm

やっぱ原作知らないと楽しめないんすかね?
ん~む…、DVD出るまで我慢しよっとw
  1. 2005/10/02(日) 15:20:39 |
  2. URL |
  3. Maqbes #-
  4. [ 編集]

んとね~

この映画に関してはなんとも言えない感じ。

原作知ってれば同様の流れの映画ということで楽しめるだろうけど、知らないなら知らないで新鮮で面白い。

なんていうか、俺音楽映画やと思って観にいったから軽いカルチャーショックがあったけど、友情と愛の映画やと思って観にいくなら原作知らなくておkやと思うよ。

実際、俺映画観てけっこう面白いと思ったけど原作を見たいとは思わんかったからそのまま知らないで見に行っておkぽ。
  1. 2005/10/02(日) 15:34:10 |
  2. URL |
  3. nao #jxT87rSU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/117-6f7274fd

[映画]NANA

[映画] 本数:2005_44(-1)/50(目指せ年間30本!!から40本!!更に50本!!多分この位が無難でしょう。) 去年は結局65本見ました。 鑑賞日:2005/09/04 題名:NANA 場所:錦糸町 ジャンル:原作匁、恋愛、音楽 寸評or感想: 俺的にはアリ。 匁は1巻をさらっと読んだ程度です.
  1. 2005/10/02(日) 01:20:53 |
  2. arrr@blog

映画「NANA」&NANA12巻

大人気のNANAな訳ですが映画化なんですね。映画公式HPがオープンした模様。キャスティングなかなか面白そうな人がでてらっしゃいますね。えー 実はNANA気になってはいますが未だ読んだことないのです。泣けるそうじゃないですか! これを気に読みたいですねー  てか読む
  1. 2005/10/02(日) 11:39:15 |
  2. enchante + blog

NANA -ナナ-

人間はいつだって一人じゃないよとするメッセージが嬉しい!
  1. 2005/10/12(水) 10:32:05 |
  2. Akira's VOICE
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。