28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ピクニック









『Love Letter』の岩井俊二が『スワロウテイル』との間に、人気シンガーCHARAをヒロインに撮った自主映画的アナーキーなメルヘン。妹を殺したココは、入院させられた精神病院で、ツムジとサトルという2人の青年と知り合う。
彼らは施設の塀の上を歩く探険を楽しんでいた。やがて、地球が滅亡するという妄想にとらわれた彼らは、滅亡を見届けるために、塀の外に出てはいけないという規則を守りながら、塀から塀へとつたって海を目指してピクニックに出かける。
                   -PIG




精神不安定な人達の迷走を描いた
CHARAと浅野忠信が出会うきっかけとなった映画。


収容所を抜け出した3人(CHARA,浅野,橋爪浩一)がひたすら塀の上を遠くまで旅をするストーリー。

非常に胸を突き刺してくる痛い映画。橋爪浩一が死ぬまでの映像は残像がしばらく頭に残るほど強い。

映画の構成はいたってシンプル。そして強いメッセージ性を感じます。『外の世界を見てみたい。自由になりたい。』そんな思いでしょうか。もしかしたらもっと興味本位のさらにシンプルなものかもしれません。

すごいシンプルなのにすごく神経質に観てしまう映画です。万人向きの映画ではない。


総合★★★★☆

映像★★★★☆
脚本★★★☆☆
感動★★★★☆
音楽-点数付無-
脚本の点数付けが難しいので中間で。
スポンサーサイト


  1. 2005/10/03(月) 01:17:07|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/131-1d5c8da7
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。