28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

恋する惑星 CHUNGKING EXPRESS







刑事223号(金城武)は、雑踏の中で金髪にサングラスの女(ブリジット・リン)とすれちがう。
                   -goo映画




ウォン・カーウァイ監督が放つ、香港映画史に残る映画。
出演者もトニー・レオン、フェイ・ウォン、金城武と日本でも有名な俳優が並ぶ。というよりも、この作品でここに並ぶ方々の名前が一気に有名になった。

まず、率直な意見として当時の管理人は『香港でもこんな映画ができるんだ~』というオドロキでした。約10年前の作品なんですが、今見ても面白いと思います。

フェイ・ウォンが歌う『夢中人』が流れながら展開されるカメラワークと構図。まずこれに驚かされる。失礼な話ですが、香港映画というと今まではアクションのイメージしかなく、ピストルどきゅーんかカンフーかだったので意外でした。

その『夢中人』は出だしのAメロが空耳で「も~ちょいやん」と聞こえます。どうでもいいですか、そうですか。

金城武のストーリーも面白いのですが、フェイ・ウォンが扮するホットドック屋のねーちゃんが実にいいです。
ん~日本TVドラマでこれに似た役がありますね。観ればわかります。

けっこうギャグな展開が多く、そこはなるべく知らない状態で映画に入っていただきたいので内容についてはなるべく触れないでおきます。まぁ内容に触れないのはいつものことですが。

今では2046でキムタク~みたいな印象が強い(かもしれない)ウォン・カーウァイ監督作品ですが、たぶん原点はこの映画です。秀作。


総合★★★★★

映像★★★★☆
脚本★★★★★
感動★★★★☆
音楽★★★★★
スポンサーサイト


  1. 2005/10/04(火) 12:43:16|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/137-cfeb560a
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。