28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

波の数だけ抱きしめて









1991年11月。東京の教会で行われた真理子の結婚式に、旧友の小杉、芹沢、裕子、吉岡の4人が集まった。式の帰り、小杉と芹沢はクルマを飛ばして横横経由で長柄のトンネルを抜け、134号線を茅ヶ崎に向かう。1982年5月。大学4年生の小杉、芹沢、裕子、真理子の4人は、真理子のバイト先のサーフショップを拠点にノンストップ・ミュージックのミニFM局Kiwiを運営していた。
                    -goo映画




織田裕二・中山美穂主演恋愛映画。1991年作品。

もうだいぶ経った映画ですが、今見てもけっこう面白い。ストレートな恋愛。そして煮え切らない織田裕二。東京ラブストーリー世代はけっこう好きと思う。

ちょっと化粧に年代を感じるのですが、そのへんをスルーしてもらえれば今でも素敵な映画です。砂浜全域につなげるFMラジオ、こういう友人と自分達の夢を展開していく映画はかなり好き。

ラストの織田裕二の中山美穂への告白は必見。気持ちいい。あれが届いていれば…と見るたびに思います。そんなにたくさん見てないけど

正統派恋愛映画としてオススメしたい作品です。


総合★★★★☆

映像★★★☆☆
脚本★★★★☆
感動★★★★☆
音楽★★★☆☆
スポンサーサイト


  1. 2005/10/06(木) 19:15:39|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/153-dca03af5
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。