28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドーベルマン







生まれて間もなくクリスチャンの洗礼を受けると同時に、チンピラに「男の洗礼」とばかりに最初の拳銃を与えられたヤン(ヴァンサン・カッセル)。“ドーベルマン”の異名を持つ彼は、ひと癖もふた癖もあるイカれた強盗一味を束ねるリーダーとして、その名を裏社会に轟かせていた。
                -AXN




管理人イチオシ俳優ヴァンサン・カッセル主演ガンアクション映画。

いつだってヒールなヒーロー『ヴァンサン・カッセル』
これが主役になると華があるヒールなヒーローにこれまたうまいことなるわけで。

非常にぶっとんだ映画です。逝っちまった映画。逝っちまえる映画。
これぞフランス映画ってぐらいのキレっぷりと臨場感。たまらんです。

映画内の愛すべき個性的なキャラ達も光る。
キレたサイコ野郎"ムス"
神父"エリー"
ドーベルマン"ヤン"

などなど。ほかにも主要メンバーで数人います。
それぞれ個性強く面白いんですが、特に神父が意外な所で意外なキャラでやってきます。このへん要チェック。

警察とディスコ内で乱射になってる間のDJがアツイ。そこだけに限らずけっこう笑える場所もありますが。クールな映画でちょっと気の抜き所もあるといった内容。

なお、スーツにサングラスの男達を描いた映画はマトリックスよりドーベルマンの方がかっこいいことも伝えておきます。

とりあえず管理人にとってヴァンサン・カッセルは一番好きな俳優なので、それだけでも十分楽しい映画なのですが。あまりに映画も素晴らしいのでえげつない言葉や映像を喜んで見れる方にはぜひともオススメしたい映画です。


総合★★★★★

映像★★★★★
脚本★★★★★
感動★★★★★
音楽★★★★★
感動ではなく衝撃。
スポンサーサイト


  1. 2005/10/07(金) 01:48:47|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/160-ef3e6bd7
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。