28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

青春デンデケデケデケ









1965年の春休み。四国・香川県の観音寺市。高校入学を目前に控えた僕、ちっくんこと藤原竹良(林泰文)は、昼寝の最中にラジオから流れてきたベンチャーズの曲「パイプライン」の“デンデケデケデケ~"という音にまさに電撃的な衝撃を受け、高校に入ったらロックバンドを結成しようと心に誓う。
                    -goo映画




大林宣彦監督作品。原作は第105回直木賞を受賞した芦原すなおの同名小説。特別出演するベンチャーズの「パイプライン」をはじめ、60年代のロック・ミュージックが全編に散りばめられている。

1992年作品なんですが、今見ても普通に面白いと思います。
印象に残ってるのは寺の坊主。高校生なのに人生についてすでに悟りを開いた姿は爆笑。

そしてギターの白井役は若かりし頃の浅野忠信。最近の浅野さんしか見たことない人には、もしかしたら映像を見てても浅野さんと気付かないかもしれません。それくらいイメージ違う。わからない人のために書いておくと眼鏡の人です。役柄は典型的な色男。ファンなら必見。


大林監督が何故現代でも名前が取り上げられるのかは、この作品を見ればわかると思います。現代のコミカルな演出や展開など、この作品を参考にしてる部分多数。

笑える部分もたくさんあります。坊主のセリフ『エロ本と言うな!えろちっくマンガと言え!』とか、あ~じゃこ~じゃのシーンとか。さりげないシュールなギャグは盛りだくさん。

思春期の少年たちの『照れる』という部分があまり無く、すごくアクティブな高校生。そしてすごくうらやましい高校生たち。

夢もあるし、13年も前の作品なのにダサさとかまったく無いし、秀作です。映画好きなら見ておきましょう。


総合★★★★★

映像★★★★☆
脚本★★★★★
感動★★★★★
音楽★★★★★
スポンサーサイト


  1. 2005/10/16(日) 21:39:20|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

かいとるの~

なんでこないだうちん店ではでらんかったとかね~・・・・。昨日は69を観たよん。・・・が、
また最後ん方でZZZZZZ・・・・・。
なんか、私nao君お勧め観てるときに寝ちゃうのは
なぜ??あ、家のネット、復活!!
nao君におせーてもらった方法は失敗に終わり、
有線ルーターのセットアップやら、ネットワークブリッジの削除やらあれこれしてみたら、感動!
の接続画面。色々とありがとねん。
次回はお店のyahooもチャレンジしてみるね。
しかし・・・・ホークス、負けちゃったね(泣)
  1. 2005/10/18(火) 00:20:17 |
  2. URL |
  3. ako #-
  4. [ 編集]

あうぅ

オススメ作品は寝ちゃいますか~w
ちょっと残念やけどウケル。

なんにせよネット復活おめでとん♪

そしてホークス残念。でもなぜか気分はいいとですよ。いい試合をしてくれたしね!
  1. 2005/10/18(火) 00:35:01 |
  2. URL |
  3. nao #jxT87rSU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/206-ef0d91bc
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。