28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

棒たおし!


(C)「棒たおし!」パートナーズ





退屈な高校生活を送っていた普通科の高山次雄はある日の放課後、同級生のいたずらで校旗掲揚台のポールにたなびいているクラスメイトの須藤学の学生ズボンを取るため、はだしになりポールの頂上までするするとよじ登った。
                   -CINEMA TOPICS ONLINE




2002年に映画化脚本の登竜門『城戸賞』を受賞した作品の映画化。監督は「マルサの女」助監督の前田哲。
主演は若手ダンスシンガーユニット『Lead』。ほか『FLAME』など。


アイドル映画と思ってなめたらいけません。かなり質は高い。青春映画の見せ方を監督はよく知っているんだと思う。定番な流れですが、主役の男の子の演技がなかなかアツイ。

SWING GIRLSやウォーターボーイズ、シコふんじゃった。などに代表されるように、こういう青春のスポーツや音楽物というのはラストに見せ場がきます。これも同じように体育祭の棒たおしが見せ場。

高校生が全力をかけて総勢で棒を倒す。昔はよくある体育祭の風景でしたが、現在の日本では危険という理由でやってない学校が多い。こういう映画を残すことで棒たおしや騎馬戦など知らない学生達に体育祭の楽しさを伝えるのはいいことかもなーと思ったりするわけです。

配役に関して言えばドラマ版ウォーターボーイズが棒たおしをしている感じですね。この映画で主役が山田君、準主役に森山未来でも何も問題はないとオモワレ。


定番といえば定番ですが、なかなか楽しめる内容になってます。とりあえず映画を見ると眠くなりやすいという方にはおすすめです。あんま眠くなることないし。


総合★★★★☆

映像★★★★☆
脚本★★★☆☆
感動★★★★☆
音楽★★★☆☆
スポンサーサイト


  1. 2005/10/19(水) 21:47:16|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/216-af923181
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。