28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

城島FA動向 王監督の威光 野球人としての意向

色々と思うところはあるでしょうが。


-抜粋
 ソフトバンク王監督が、今オフ、FA権行使でメジャー移籍を視野に入れる城島健司捕手(29)の意思を尊重する構えをみせた。22日、王監督は言葉を慎重に選びながら「(城島には)チームとしては絶対に残ってほしいけど(FAは)本人の(権利)だからね。こちらがどうこう言ってもしょうがない」と城島のFA権行使について、GMとしての“強権”を使ってでも引き留めることはしない方向を示した。
 城島は今年7月にFA権を取得。動向が注目されていたが、プレーオフ敗退後の今月18日にあらためてFA権行使を表明した。城島本人の希望で、早ければチームが秋季練習を開始する27日にも王監督と会談し、メジャー挑戦かチーム残留の二者択一の最終決断を下すつもりでいる。
 プロ入団時から直接出馬して獲得に乗り出した“愛弟子”の人生の分岐点に、王監督は「会って話さないと分からないが、イチローや松井(秀)が行って、チャレンジしたい気持ちはあるだろう」と心中を思いやった。過去には工藤らがFA権を行使し他球団に移籍したが、いずれも本人の意思を尊重し、引き留めることはなかった。今回はチームとしてはもちろん、日本球界NO・1捕手の流失は避けたいが、ひとりの野球人として、城島本人の意思は尊重するつもりだ。
                          -日刊スポーツ



結論から言って城島はメジャー移籍でしょうね。最有力候補としてマリナーズ。

チームメイトに日本人がいるということも本人の感覚としてはいいのかもしれませんが、それ以上に日本語が通じない海外プレイヤーが日本人に慣れているというのがかなりプラス要素だと思う。

王GM兼任監督は野球人としての器の大きさも感じるけど、それよりも的場が使えるというメドがたったというのも大きいんだと思う。
もちろん打撃面ではかなりダウンするけど、捕手の本業であるリード面、ピッチャーとの信頼感は築けてるので来年は的場を一年間通して使うという構想は出来上がってるものと思われます。
接戦の終盤は的場に変えて代打を投入し、その後の捕手は田口か大野といったところでしょう。さいわいホークスには代打要員はかなりたくさんいますからね。柴原が代打要員だったくらいですから。右の大道、左の柴原ですか。こりゃすごいですな。

球界の盟主と謳われてきた巨人は上原や前田のひきとめに必死でしたね。年齢的にも磐石の構えでFAは野球人としての権利として容認するホークス、最終野球人生でこの球団で終われば解説者としての道が見え隠れする巨人。どっちが球界の盟主なんだかわかんねーよ。

とりあえずホークスには若い人材はまだまだたくさんいるし、選手の意向を反映してやれるだけの余裕がある。今回の城島メジャー行きの件は『最強ホークス』という面では残念かもしれませんが、むしろ気持ちよく送りだして彼の今後に期待したいところです。

城島って英語どうなんですかね?捕手がピッチャーと細かい打ち合わせをできないというのは致命的だと思うんですが。メジャー行き決定なら野球で使う英語から地味にじっくりと英語の勉強が必要でしょう。そのへんも今後注目ですな。
スポンサーサイト


  1. 2005/10/23(日) 12:41:46|
  2. sports|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/233-b57051cc
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。