28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

真夜中の弥次さん喜多さん


(C)2005 YAJI×KITA(C)しりあがり寿(「真夜中の弥次さん喜多さん」マガジンハウス刊)





ワイルドで熱い男の弥次さん(長瀬智也)。美貌のヤク中の役者・喜多さん(中村七之助)。愛し合う2人は喜多さんのヤク中をなおすため、お伊勢参りの旅に出る。
                       -flix




十返舎一九の『東海道中膝栗毛』をベースにしたしりあがり寿の傑作マンガ『真夜中の弥次さん喜多さん』とその続編『弥次喜多in DEEP』を、人気脚本家の宮藤官九郎が映画化。主演はTOKIOの長瀬智也と中村七之助。お伊勢参りに向かう弥次さんと喜多さんをユーモラスたっぷりに描く。

これ面白い!
油がのったクドカンの傑作。盛り沢山の笑い所を用意しながらも映画としてしっかりとまとまってる。中だるみなどとは無縁。アメリカ公開も成功するんじゃないかな。

序盤には下妻物語のような演出があったり、喋ってる内容が現代風でえらく笑えたり。秀逸なセンスを感じる。


後半にやはり登場した荒川良々。今回はインパクト抜群。和製ウンパルンパとでも言いましょうか。このインパクトは見なければわからない。もう彼は日本映画界で地位を築いてますね。

東海道中の喜び組とか清水の次郎長とかムリした年寄りオカマのぐっさんとか。すごいよホント。ひげ生やしたおいらん役に松尾スズキ、終盤のバーテン役に『ピンポン』でスマイル役を担ったARATA、浪速の漫才師に板尾など。序盤最高のインパクトを残したのはお笑い奉行の竹内力。様々な個性が素敵な共存を果たしてます。

2005年邦画作品でダントツの出来栄えだと思う。クドカンファミリー総出演といっていいほど役者もそろってる。
中村七之助は終盤ヤクからの脱皮のために比較的シリアスになる部分もあるのに、長瀬に関してはラストのラストまでセンスあるギャグ展開。

音楽は主役2人がこの作品のために何曲か歌ってます。これはすごいいいとかいうわけじゃないけど、これはこれでなかなかマッチ。

笑いとセンスある展開が最高に楽しませてくれます。クドカン作品の中では『タイガー&ドラゴン』に質は似てると思う。クドカンの魅力がつまった作品なので、彼の作品が好きな方なら確実に、そうじゃない方もぜひ見ていただきたい。2005年邦画最高傑作。


総合★★★★★

映像★★★★★
脚本★★★★★
衝撃★★★★★
音楽★★★★☆
スポンサーサイト


  1. 2005/10/26(水) 16:23:03|
  2. movie|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2

  

コメント

はじめまして~

naoさん、TBありがとうございましたm(_ _)m

邦画の質は年々グレードアップしてきていますね!
若い刺激と老練な技、そんな融合された作品がこれからも登場することを期待します^^

昨年僕も“お伊勢参り”してきましたけどね(笑)
  1. 2005/10/27(木) 08:36:16 |
  2. URL |
  3. cyaz #ID9gmbWk
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

邦画の質は確かに年々グレードアップしてきてますね。去年で言えば下妻物語とか。んで2003年は邦画の当たり年だし。

邦画じゃないですけど、電車男ならぬ『バス男』にちょっと興味あります。
  1. 2005/10/27(木) 11:52:05 |
  2. URL |
  3. nao #jxT87rSU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/243-52d54d44

『真夜中の弥次さん喜多さん』

■監督・脚本 宮藤官九郎■原作 しりあがり寿「真夜中の弥次さん喜多さん」、「弥次喜多 in deep」、「小説 真夜中の弥次さん喜多さん」 ■キャスト 長瀬智也、中村七之助、小池栄子、阿部サダヲ 「オイラ、リヤル(現実)がとんと分からねえ」と、虚ろにつぶやくヤク
  1. 2005/10/27(木) 08:32:23 |
  2. 京の昼寝~♪

真夜中の弥次さん喜多さん

TVドラマの「木更津キャッツ・アイ」や「マンハッタン・ラブストーリー」などで人気のクドカンこと宮藤官九郎の初監督作。マスコミ試写で観ようとしたものの、一時間前に来ないと観れないかも、というくらい人気だった。★「真夜中の弥次さん喜多さん」 2005年日本 
  1. 2005/10/27(木) 23:05:21 |
  2. cinema capsule
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。