28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ボーン・アイデンティティ









記憶を失ったボーン(マット・デイモン)は、記憶を取り戻すために訪れたスイスの地で謎の組織に追われる。彼は偶然出くわしたマリー(フランカ・ポテンテ)と共に逃げるが、彼の身体には超一級の戦闘能力が備わっていた……。
                       -flix




マットの代表作。痛快劇に近いアクションムービー。

まずマットがかなりかっこいい。脚本も素敵でアツイ。流れが飽きない。かなりの良作。

記憶喪失で自分の名前もわからないのに、なぜか襲われそうになったら体が勝手に動いて敵を倒す、このへんの見せ方が実にいい。すげぇ面白い。

『キング・アーサー』『シン・シティ』のクライヴ・オーウェンが時間こそ短いが濃い役で登場。マットとクライヴの格闘シーンはちょっとゴルゴ13みたいで好き。んでマットはかなりデュークっぽい。見た目はかなり違うけどね。

エンディング近辺の流れはかなり好きです。あっさりに見えるかもしれんけど、管理人的にはベストな感じ。あっさりに入る前にちょっとした事実が発覚するあたりもぐぅ。


非常にバランスも良く、一人で見るも良し、数人で見るも良し。ハリウッドを代表する良質アクションムービーと思っていただいて大丈夫だと思います。


総合★★★★★

映像★★★★☆
脚本★★★★★
衝撃★★★★☆
音楽★★★★☆
スポンサーサイト


  1. 2005/11/22(火) 01:05:21|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

  

コメント

マットってさ

マットって言えばグッドウィルハンティングが真っ先に浮かびます。
あの温かみのある感じがなんともいえません。
ベンもあの頃は初々しかったのになぁ・・・。
  1. 2005/11/23(水) 01:21:51 |
  2. URL |
  3. みね #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/294-271d019d
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。