28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ディボース・ショウ









腕利きの離婚訴訟専門弁護士、マイルズ(ジョージ・クルーニー)は離婚して財産と自由を手にしようとするマリリン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)に勝訴する。彼女がそのまま引き下がるはずはなく……。
                        -flix




『ファーゴ』や『バーバー』などの鬼才コーエン兄弟のプリナップ(婚前契約)が盛んなLAを舞台にした結婚&離婚バトル。実際マイケル・ダグラスと破格の婚前契約を結び結婚したキャサリン・ゼタ=ジョーンズがその経験を生かし、美貌で男達を軽く手玉に取る。彼女の敵役に『コンフェッション』のジョージ・クルーニー。


これ見る前に『ジョージとジュリアロバーツの作品ですよ~』と管理人が言い、オプラさんが『いや、ジョージとキャサリンですよ~』と言ってたんですが。実際はキャサリンでしたね。失礼しました。

さて、この映画のみどころはジョージとキャサリンのかけひき。コメディな要素も追加し、ラブコメで仕上げてます。脚本云々よりもジョージとキャサリンの演技重視。管理人が受けた印象としては、2人の演技を除けばなんとも退屈な映画。
コメディ要素がいまいち面白くない。別におしゃれでもないし、引きつける内容もない。ん~ギャラかかってるだろうに。

男としてはキャサリンの色気はけっこうたまらんものがあります。下品ですね、そうですね。


恋愛映画としてはあまりいい出来とは言えないかもしれません。キャサリンの色気を楽しむ映画かな。


総合★★☆☆☆

映像★★★☆☆
脚本★★☆☆☆
感動★☆☆☆☆
音楽-点数付無-
スポンサーサイト


  1. 2005/12/03(土) 02:06:40|
  2. movie|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/307-082ceabb

ディボース・ショウ / Intolerable Cruelty

年末年始山篭り映画三昧生活の第一弾として、ディボース・ショウを見ました。コーエン兄弟とジョージ・クルーニーが組んだとあれば、面白くない訳がない。<↑クリックすると拡大します>マイルズ・マッシー(ジョージ・クルーニー)は、離婚専門の弁護士。しかも凄腕で、依
  1. 2006/01/04(水) 12:33:17 |
  2. COPER夜な夜な。
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。