28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シカゴ









1920年代のシカゴ。平凡な日常をくり返すロキシー・ハート(レニー・ゼルウィガー)の憧れは美しいスターのヴェルマ・ケリー(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)だった。ある日、2人の運命の歯車が狂いだす。ロキシーとヴェルマはそれぞれ別の殺人事件の容疑者として逮捕されてしまうのだ。
                        -flix




第75回アカデミー賞最多6部門、第60回ゴールデン・グローブ賞最多3部門を受賞。1920年代のシカゴを舞台にしたミュージカル・エンターテインメント。監督はミュージカル「キャバレー」の演出家ロブ・マーシャルがブロードウェイで驚異のロングランを続けるミュージカル「シカゴ」を完全映画化。主演は本作でゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞を獲得した『ブリジット・ジョーンズの日記』のレニー・ゼルウィガー。彼女の憧れの存在であり、法廷でのライバルにキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。レニーの弁護士にリチャード・ギア。

爆笑のシカゴ劇場。ミュージカルと共に進むストーリーは飽きとは無縁。レニーもキャサリンもどこかダサく、それが実にいい。

法廷でのリチャード・ギアは圧巻。そして爆笑。そこまでやるかw

ちらっとルーシー・リュウも出演してます。ほんっとちょい役ですけど。

刑務所に入って絞首刑と言われる。間違いなくダーティなムードのはずなのにものすごいパワフルかつユーモラス。このギャップが最高な映画を生んだんだと思う。
キャサリンは今やオーシャンズ12にも数えられるほどのトップ女優ですね。この映画が彼女に与えたものは少なくないはず。

エンディングもいい。エンターテイメントですね~。
和風ミュージカル映画が狸御殿なら正統派ハリウッド的ミュージカル映画はシカゴですね。


10日にこのシカゴの監督であるロブ・マーシャル氏がてがけた『SAYURI』が公開されます。それに先立ってレビューしてみました。


総合★★★★★

映像★★★★★
脚本★★★★★
衝撃★★★★☆
音楽★★★★★
スポンサーサイト


  1. 2005/12/03(土) 20:28:42|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/312-8c7855fe
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。