28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2046


(C)2004 Block2pictures.Inc.






心の底から愛した女性と結ばれなかったチャン(トニー・レオン)は、「2046」というタイトルの小説を書き始める。それは“失われた愛”を取り戻そうと“2046”という場所を目指してミステリートレインに乗り込んだ男女を描いた小説だった。
                         -flix




『恋する惑星』のウォン・カーウァイ監督が描く近未来のラブストーリー。日本の木村拓哉をはじめ、『インファナル・アフェア』のトニー・レオン、『始皇帝暗殺』のコン・リー、『恋する惑星』のフェイ・ウォン、『LOVERS』のチャン・ツィイーらアジアを代表する俳優が勢ぞろい。

恋する惑星以外ウォン・カーウァイ監督の作品はいまいち管理人としてはピンとこないんですが、やはりこの作品もパッとしなかった。
過去2回レンタルで借りて見ずに終わってたので、今回でレンタル3回目。でも見たのは1回。あまり気がすすまないながらも興味があったというところ。んで予定通り。

なんていうか作品自体にのめり込めないんですよね。チャン・ツィイーやフェイ・ウォンとかすげぇ好きなんですけど。唯一キムタクの時だけちょこちょこっと集中できた感じです。

んで案の定管理人の感想はflixの視聴者レビューと真逆。あい、わかってました。

トニー・レオンの演技そのものがなんかうさんくさく見える。間違いなく管理人の偏見ですが。
映像処理は悪くはないけど、つかめないまま映像だけ綺麗な印象。音楽も淡白。

母国語をそれぞれ使ってるあたりは斬新。これは今後アジアが協力して映画を作っていくにあたって一つのオプションとして面白いかもしれませんね。

なんか俳優にいまいちのめり込めなかったのが最後まで管理人にとっては引きずった印象の映画。話自体は難しい話ではないですが。でも話の内容自体に魅力は感じず。


採点は無しで。
スポンサーサイト


  1. 2005/12/08(木) 02:50:16|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/318-1621abfe
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。