28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

テイキング・ライヴス


(C)2004 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved (C)2004 Village Roadshow Films(BVI)Limited




ストーリー: モントリオール警察の要請で、猟奇殺人事件の捜査にあたることになったFBI捜査官イリアナ(アンジェリーナ・ジョリー)。事件の分析を進めるうち、彼女は目撃者の男コスタ(イーサン・ホーク)に魅力を感じ始める。
                          -flix




『トゥームレイダー』シリーズのアンジェリーナ・ジョリーが猟奇殺人事件の謎に挑むFBI捜査官を熱演。殺人を犯し、その被害者の“人生を乗っ取る(=テイキング・ライブス)”殺人鬼と、強さと弱さを併せ持つヒロインの対決が描かれるサイコ・スリラー。共演は『テープ』のイーサン・ホーク、TVドラマ『24 TWENTY FOUR』のキーファー・サザーランド、『運命の女』のオリビエ・マルティネスら。

スリラーとしての質は低い。サスペンス要素の方が強いかな。
今や映画一本あたりのギャラがハリウッド女優の中で2位となったアンジェリーナ・ジョリー主演なのですが、脚本自体はけっこうしょぼい。こういうサスペンス物はエンディングまでの布石だったりからみあう糸みたいなのがほどけていくのが楽しかったりするんですけど、それがこの映画では感じない。まずこれがマイナス。

んでさらに、エンディングのネタもしょぼい。そんなのでいいのか?と大きな疑問符が付く。

アンジェリーナ・ジョリーの演技は絶品。濡れ場も見ごたえある。彼女を取り囲む現場の警察もなかなかいい感じ。犯人役の彼も演技はアツイ。臨場感はしっかりと伝わります。

音楽は特に何も感じなかった。別に感動もない。

アンジェリーナ・ジョリーにうっとりとする以外は別にいいかな~という気がしてしまう。なんかサスペンス映画だけは年々しょぼくなっていってる気がしてしまうのは管理人だけでしょうか。ちなみにこの映画は2004年作品。


サスペンススリラーなんですけど、スリラーという言葉ははずして考えた方がいいっぽい。サスペンスとしてもちょっとしょっぱいので、演技そのものを見る映画と考えれば悪くないと思います。
当時、同時上映開始作品でヴァン・ヘルシングがあったんですよね。あまりこの作品の話を聞かなかったのはそっちのウケがよかったからですかね。アンジェリーナ・ジョリーなのに。


総合★★☆☆☆

映像★★★☆☆
脚本★☆☆☆☆
感動★☆☆☆☆
音楽★★★☆☆
スポンサーサイト


  1. 2005/12/10(土) 19:52:17|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/325-89503c63
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。