28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポーラー・エクスプレス


(C) 2004 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved



クリスマスイブの夜、サンタを信じなくなっていた少年は、サンタの鳴らす鈴の音はもう自分には聞こえないと思い込み、ベッドで眠りにつこうとしていた。そして、時計が11時55分を指した時、突然、ごう音とともに巨大な蒸気機関車が近づいて来た。
                           -flix




絵本「急行『北極号』」をフルCGで映画化。4児の父親であるトム・ハンクスが子供たちに繰り返し読み聞かせていた絵本の映画化を企画し、ロバート・ゼメキスとタッグを組んだ。本作でトム・ハンクスは父親、車掌、ホーボー、サンタと4役もの声を使い分けた。通常ではありえない視点や疾走する乗り物の窓の外の景色など、アトラクション・ムービーとしても楽しめる。

クリスマスシーズンってことでこれもレビューしてみる。もう過ぎたけど。

まず、オールCG???ってくらい映像の出来はすごい。マジでびっくりですよ。俳優が全員特殊な化粧をして出演してるんじゃないのこれ?ってくらいコンピューター映像とは思えないほど。数年前のファイナルファンタジー映画版は比じゃない。
それだけしっかりと人物や家がリアルに描かれているので、かなりの臨場感があります。


車掌さん
ね、CGっぽくないでしょ。


ストーリーはまさに絵本の世界。ファンタジーの中でも特に優しいファンタジーの部類。管理人の好みはブラックユーモアが散りばめられたバートンみたいなのがいいんですけど、こういう作品も必要だと思います。この作品は冒険&ファンタジー。

劇中で流れるクリスマスミュージックは非常に素敵です。特に少年と少女が2人で歌う歌がかなり印象的でした。なお、プレゼントが配られた直後に流れる曲はスティーブン・タイラーfromエアロ・スミスが歌ってます。

映画自体の長さはジャスト100分くらい。長編としては短い部類ですし、わかりやすく端的にいい感じにまとめてあります。映画館上映は2004年の11月末開始、DVD発売は2005年11月末開始ということで、まさにクリスマスに観てほしいという作り手や配給側の思いが伝わってきます。

ファンタジーの王道的作品だなと思います。かなり王道ですんで、冬が過ぎた頃に見るとたぶん眠いんじゃないかなといった感じもあります。期間限定で楽しめる作品だと思う。大人が見る場合の話ですがね。


管理人に子供ができれば見せてあげたい、そんな作品です。


総合★★★★☆

映像★★★★★
脚本★★★★☆
感動★★★★☆
音楽★★★★★
スポンサーサイト


  1. 2005/12/28(水) 00:45:35|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/341-5d9cb359
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。