28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハサミ男


(C)2004 『ハサミ男』制作委員会




ある地方都市に突如現れたサイコキラー“ハサミ男”は、被害者の喉にハサミを突き立てる連続殺人鬼。ある日、偶然死体を発見した知夏(麻生久美子)と安永(豊川悦司)は、ジョギング中の男・日高(斉藤歩)に犯人だと誤解されてしまう。
                       -flix




第13回メフィスト賞を受賞し、講談社ノベルスより刊行された殊能将之の小説「ハサミ男」を麻生久美子と豊川悦司主演で映画化。監督は『人魚伝説』の池田敏春。独特の感性で描くサスペンス・スリラー。

全体的に暗く、音楽なども含めて『ケイゾク』の印象に近い。
豊川悦司も麻生久美子も似たような独特のひっそり感があっていい。なんだろね、あの感じは。邦画俳優の中でもオリジナリティが強いし。麻生久美子を2時間かけて見るだけでもなかなか楽しい。

サスペンス・スリラーとしては定番路線で、隠し玉要素には1時間経つまでに気付いてしまいちょっとげんなり。近年のサスペンスのオチの8割はこれ。いい加減ちょっとくどい。それぞれの作品は別作品ですしやっちゃいけないとは言いませんが、サスペンスで連続でオチがずっと同じのばっかってのはかなりしんどい。もっと原点に返ったオチがほしい。

ちょっとえぐい映像がないこともないですが、直前に見たのが『隣人13号』だったのであまり気になりませんでした。一応えぐい路線になると思いますんで、気持ち悪いのが苦手な人はやめといた方が無難。麻生久美子の独特の雰囲気が好きな人にはオススメ。


麻生久美子の良さはかなり引き出されてますが、サスペンスとしては「なんだかな~」といった感じ。『ケイゾク』が好きだった人にはいいかも。


総合★★★☆☆

映像★★★☆☆
脚本★★★☆☆
衝撃★★★☆☆
音楽★★★★☆
スポンサーサイト


  1. 2006/01/02(月) 14:12:12|
  2. movie|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/354-5cebbe7a

「ハサミ男」をみた

実を言うと、最近新しい小説をあまり読まなくなっている。そのせいで、この映画の原作「ハサミ男」も題名くらいしか知らなかった。原作を知らないで、いきなり映画のほうを見たわけで、それが幸いなのかどうか。難しい、といって難解という意味ではないのだが、映....
  1. 2006/01/04(水) 21:32:48 |
  2. 映像職人'舞'録゛
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。