28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【サッカー】高校選手権 東福岡vs遠野

伝統高対決


試合は1点をめぐる白熱の展開となった。

前半、東福岡のシュート数は10本を越える。一方、遠野は4本。一見東福岡ペースだが、東のシュートセレクションが悪く、1点が遠い。

後半25分頃から東の足がぴたりと止まる。逆に遠野は逆転を身上とするねばり強いサッカーを展開。お互いギリギリのところで失点をふせいでいたが、遠野の9番菊池選手のミドル一閃によりゴールネットを揺らす。

東は左サイドの藤島選手が再三のチャンスを作った。まるでG大阪の家長選手のようだ。キレキレのドリブルは確かにすごいんだが、いかんせん中に選手が待っていない。展開が全体的に速すぎて中盤が間延び。前線には千代原選手一人。

逆に遠野高校は終盤まで足が落ちない。確実に危ないシーンはたくさんあったが、ホントにギリギリのところで足が出る。そして運もあった。

東は後半の集中切れが悔やまれる。後半途中から他人任せになってしまった。遠野がリードした後も高校生らしく、時間の浪費などはしなかったのでチャンスはあった。東のトップ下である棚橋選手にもう少し落ち着きがあれば結果は違ったかもしれない。もったいないミドルシュートが少し目立った。


試合を通して見れば非常に拮抗したいい試合だった。東は攻めさせられていたというわけではなく、シュートセレクションがまずかった。それだけの差。

東の左サイド藤島選手、今後Jリーグで見ることになるかな。
スポンサーサイト


  1. 2006/01/02(月) 15:43:46|
  2. sports|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/355-e6157d1f
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。