28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フライ,ダディ,フライ


(C)2005「フライ,ダディ,フライ」製作委員会




自分の娘を傷つけた石原という高校生に復讐(ふくしゅう)するため、包丁を持って学校に乗り込んだおっさん(堤真一)がいた。しかし高校を間違え、そこで出会ったスンシン(岡田准一)に一発でのされて気絶してしまうが……。
                           -flix




岡田准一と堤真一主演の青春映画。監督は『油断大敵』の成島出。原作は「GO」で直木賞に輝いた金城一紀。今回は脚本も担当している。本作のためにMr.Childrenが主題歌「ランニングハイ」を書き下ろしているのも話題のひとつ。

岡田准一と堤真一がそれぞれはまった力作。
かなりいい。岡田君は『東京タワー』みたいに繊細で綺麗な役よりも、泥まみれっぽい役の方が個人的にはいいように見える。堤真一はまさにこの路線。ちょっと情けない感じがぐぅです。

悪役に須藤元気。今回はほんっと悪役。
悪役がしっかりと存在感を放っているので、映画として締りがありました。

途中、音楽は無音が多い。エンディングはミスチル。別にミスチルで話題を呼んでなくても十分素晴らしい映画だったんで、ミスチルどうこうってのは特にないですね。

芝生の上にごろんと転がったり、ジェットコースターの映像を流したり。ありきたりのような映像でも青春映画となると見え方が変わりますね。素敵でした。

エンディングはもうちょっとやりこんでよかったんじゃないかな?と思いました。どこか抽象的に終わるのではなく、そこをちゃんとした絵でまとめてほしかったかな。


いい感じに楽しめます。笑えるというよりは感動物で、しっかりとしたその過程も描かれています。オススメ。


総合★★★★☆

映像★★★★☆
脚本★★★★☆
感動★★★★☆
音楽★★★☆☆
スポンサーサイト


  1. 2006/01/03(火) 15:12:07|
  2. movie|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/361-9518f6d7

フライ,ダディ,フライ

「フライ,ダディ,フライ」★★★★★(ピカデリー) 2005
  1. 2006/01/04(水) 21:12:29 |
  2. いつか深夜特急に乗って

「フライ,ダディ,フライ」の話

休み中に「フライ,ダディ,フライ」のDVDを観ました。あらすじ玩具メーカに勤める鈴木一(堤真一)は、会社では上司から信用され、家庭でも妻の夕子(愛華みれ)や娘の遥(星井七瀬)に信頼されているサラリーマン。ある日娘の遥が石原(須藤元気)という高校生に暴行を
  1. 2006/01/05(木) 15:46:17 |
  2. のらさんのうだうだ日和
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。