28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

姑獲鳥の夏


(C)2005 UBUME production committee




昭和20年代の東京、夏。小説家の関口(永瀬正敏)が古本屋の店主・京極堂(堤真一)に「20か月もの間、子供を身ごもっている女性がいる」と相談を持ちかける。
                           -flix




映像化不可能といわれた京極夏彦の人気小説を『帝都物語』の実相寺昭雄監督が映画化。永瀬正敏、堤真一、阿部寛などの人気俳優に加え、原田知世が1人2役に挑戦している。

監督は『ウルトラマン』の実相寺昭雄。
あまり作品にのめりこめなかった。かなり眠くなったので、一度仮眠をとってもう一度始めから見たんですがまたも同じ症状になり、いまいちのめりこめないまま最後までゴールして挫折。ふぅ。

原作は600ページに及ぶ大作らしい。それを2時間ちょいの作品にしているため、肝心な部分などに欠陥があるようです。原作を知らないので参考までに他の方のレビューをコピっておきます。

~抜粋~
憤慨するほどの駄作。端折りすぎ。京極堂の薀蓄をそのまま入れたら5時間ぐらいになるのは分かる。それにしても、関口の心理描写があまりになさ過ぎる。関口が過去のトラウマに悩まされながらも涼子のために走り激昂する(そういえば、関口が激昂するシーンは無かった・・・)という、その心の動きがキモだと思うのだが。。。それと、原田知世は京子になりきれていない。エクソシストばりの「悪鬼のごとき形相」を見せてくれないとね。他にも色々あるけど、字数制限で・・
~抜粋終了~

え~、原作を知らない管理人は憤慨するほどの駄作とまでは思いませんが、なんかいまいち感情が入り込まない印象です。

音楽について。
昭和初期のレトロな印象を助長するような音楽達。ちょっとおしゃれな感じなんですが、起伏がなくて眠い。肝心な部分は曲じゃなく効果音で決める感じ。

それぞれの演技。
京極役の堤真一と関口役の永瀬正敏。この2人は雰囲気もあるし、仕草や声が役柄にマッチしているんじゃないでしょうか。んで刑事役の宮迫もなかなかの存在感。すべてを通して演技はみなさんよかったと思います。


金田一シリーズみたいなのを期待して観てしまうとちょっと肩透かしをくらう気がします。推理小説が好きな方こそオススメですかね。管理人は推理小説嫌いじゃないんですが、眠気が勝ってしまう映画でしたが。


総合★★☆☆☆

映像★★★☆☆
脚本★★☆☆☆
感動★☆☆☆☆
音楽★★☆☆☆
スポンサーサイト


  1. 2006/01/03(火) 19:43:36|
  2. movie|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/362-a7834114

姑獲鳥の夏

2005年 日本 ■出演■+堤真一+永瀬正敏+阿部寛+宮迫博之+原田知世+田中麗奈+清水美砂+篠原涼子+すまけい+いしだあゆみ■あらすじ■昭和27年夏、東京。古本屋の主人にして、神社の神主である京極堂こと中善寺秋彦は、友人
  1. 2006/01/04(水) 19:15:53 |
  2. シネマ~ニャ。

姑獲鳥の夏

「姑獲鳥の夏」★★(名劇1) 2005年日本 監督:実相寺昭
  1. 2006/01/04(水) 21:10:07 |
  2. いつか深夜特急に乗って

DVD『姑獲鳥の夏』

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション(2005/日本) 昭和27年、夏の東京。巷では産婦人科、久遠寺医院にまつわる不気味な噂が広まっていた。それは、院長の娘・梗子が20ヶ月も身籠もったままで、彼女の夫・牧朗は1年半前に密室から失踪したというもの。生活のため雑誌“
  1. 2006/01/05(木) 00:10:19 |
  2. みかんのReading Diary♪
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。