28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【サッカー】U-21 アジア大会

アビスパから選出の代表で一番確率が高いので、ちょくちょくこのカテゴリーについて書いていきます。


昨年はWY日本代表に柳楽、北斗と2人選出され盛り上がったWY。管理人は朝の3時半くらいから5時半くらいまでの試合をすべて目を真っ赤にしながら観戦しておりました。

さて、2006年は12月にU-23のアジア大会なるものがあるのですが、日本はその大会にU-21世代(オランダWY世代)で大会に臨むことをすでに発表しています。となると当然管理人としての注目は北斗&柳楽。そんなこんなで今年はA-代表と並行して、こちらの方をとりあげていきます。


無念に終わったオランダWY。なにが無念かってたくさんありますが、まずは監督采配。
さんっざん叩かれたことですので、今更たたくつもりはありませんが。大熊監督(東京ガス→FC東京時代に監督。以後協会関連でユース監督など)の不可解な人選&選手起用。これがまず一番ですね。
Jリーグですでにレギュラーを獲得し、日本のトップリーグで活躍している選手をないがしろにし、大学2部リーグでプレーする選手を重用。さらには予選でまるで活躍できなかったのに次戦でも重用。
もう過去のことですが、こういったことがあったわけです。過去のことではありますが、次回に活かしてもらわないといけないので、あえてとりあげますが。なにしろ北京五輪の監督も大熊監督で行く気配アリアリですから。

オランダWYで目立つことができなかった、試合前の大熊入れ込みの選手も、北京五輪の頃にはまた変わった環境。平山はヘラクレスで積極性も学んでいるし、兵藤だってJで活躍している(はず)。そういったこともふまえて12月のアジア大会は成長も見れるし期待もしている。


あくまでオランダWYメンバーを中心に管理人の偏見で選ぶとなると、現時点ではこのようなメンバーとなる。多少入れ替え。


ポジションは右から
GK 西川(大分)

DF 北斗(福岡)  柳楽(福岡)  福元(大分)  水本(千葉)

MF 水野(千葉)  本田(名古屋) 伊野波(大学) 家長(ガ大阪)

FW カレン(磐田) 平山(ヘラクレス)


控え
DF 高柳(広島)  増嶋(F東京) 吉弘(広島)

MF 梶山(F東京) 苔口(セ大阪) 船谷(磐田)  兵藤(大学)

FW 前俊(広島)  森本(V東京) 田中(福岡)



といった感じですかね。ガンガンはしょってますし、基本的にオランダWYメンバーで選んでますんで。
今年はアビスパもJ1あがったことだし、以前よりもJリーグ観戦の機会も増えそうなので、オリンピック世代にも目を向けながら観戦しようと思います。勉強も兼ねて。
FWの控えの欄に追加で田中ゆーすけも書きましたが、一応オランダWYの候補にまではあがりました。J1昇格の原動力ともなった一人なので、今年の活躍次第ではメンバーにあがれると思います。


ここからは注釈として。
オランダWYで平山が活躍できない電柱のように見えたかもしれませんが、放り込みサッカー自体に難があったということで平山が特別悪かったというわけではないと思います。もちろん動き出しなど勉強しないといけない面はありましたが。サイドからの連動したクロスなどがないと活きてこないですよね。そもそも平山はバロンのようなタイプではなく、足元が得意なストライカー。ヘラクレスでのビューティフルゴールは記憶に新しい。どれだけ確変して帰ってくるのかが興味深い。

大熊が続投するとして、非常に個人的理由で歓迎したい部分もあります。柳楽選出の可能性が高まることですね。えぇ、個人的理由です。オランダWYでの不用意なビルドアップは運動量のあるボランチの存在や戦術が変わればだいぶマシになってたはずなんです。体の強さや精神力ではいい線行ってるんだから。目指すはやっぱり中澤でしょうね。

北斗はクインシーの強烈突破で散々なWYになってしまったけど、本来は攻撃的なプレーもアツイ体力のあるプレイヤー。初戦でクインシーと出会ってしまい、それ以降は逆サイドの家長ばっかり目だってた。かなり悔しい思いをしながら見ていましたが、今後はやってくれるでしょう。兵藤がつける前の10番は北斗がつけてたんだから。ボランチもこなせるユーティリティ性は良。

オランダWYでブレイクした水野は右SHで。適正ポジションを無視していじる大熊監督のことだから、逆にむしろ水野を中心としたチーム作りを心がけてみてはいかがでしょう?平山を中心と考えていたために彼は放り込みに行き着いたのだと思うので。それくらいの意識転換があってもよいWYだったと思う。



さて、もう半年も前に終わったWYを引っ張ってくるのは気がひけたんですが、U-21世代(北京五輪世代)のメインはこの年代になるので。粒揃いの世代でメダルも狙えるポテンシャルはあるので、まともなチームとなっていってくれることを願う。そして、アビスパの3選手(北斗、柳楽、田中)の選出もあわよくば。田中は去年途中からレギュラーを奪い、7特点を挙げたんだし。今年のガンバリ次第だ。柳楽は当面のライバルは長野君ですね。頑張ってください。
スポンサーサイト


  1. 2006/01/18(水) 06:12:15|
  2. sports|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/372-c0374c07
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。