28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【コラム】ディスカッション

ここ数年思う現代の流れ


ネットでは2ちゃんねる、TVでは『真剣10代 喋り場』などのように、どうやら議論することが現代では普通となっている気がする。
例えばmixiなどでもコミュニティというものがあって、そこで「自分はこうだ!」とか。さらに言えば人様の日記にまで。


管理人は議論は悪いことではないと思うんですが、「それって議論ではないよね?」と思うことが多々あるわけで。

議論っていうのは
「自分はこう思うんだけど、あなたはどうなの?」
といった、自分の意見を出して相手の意見を聞いて・・・みたいなものだと思うんです。
それが、最近の議論を見る場では自分の認識とあなたは違うからそれは間違い!と完全否定してるような気がするんですよね。例えを言葉にしてみるのなら、
「そんなの間違いだって。だって○○は○○だもん」
みたいな。ん~、○○の部分が明白じゃないんで逆にわかりにくいか(-_-;

自分の押し付けってのはある意味かなり大事なことなんだけど、議論の場ではそれはちょっと違うような気がするんですよね。自分の主張をしっかりと持ってるということは素敵なことですが、世界観を狭めることと紙一重なのでそこのところは巧くやっていきたいなと。

数ヶ月前の日経プラスワンのコラムにこのようなことが書いてありました。
『若者のブログは単なる文字の羅列』
あながち間違いともいえない気がします。別に中身のあるレビューを書けとか、流行をしっかりと捉えた内容を書けということでもない。あくまで日記でいいんだけど、「んで結局なんなの?」と突っ込まれるようなものが多いということです。んでそういった記事の多くは早い段階で飽きて途中でブログをやめてしまいますよね。
『自分が何をやりたいのか?』を自分自身がよく理解してないからじゃないかなと思うわけです。姿形じゃなくて、そういった自分自身をしっかりと理解して自分を出すことこそがヒップホップだと思うんです。

柔軟な体勢で自分を出すこと、外部からの取り込みなどは至極当たり前で楽しいことだと思うんですが。そういった部分が現代では欠如しているようで、なんとなく気をつけたいなと思う管理人でした。終わり。
スポンサーサイト


  1. 2006/01/25(水) 22:05:36|
  2. weblog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

  

コメント

そうねえ

議論っつーのは、もっと自分自身の考えと
そう考えるに至った根拠を示すべきだと思うんだよね~。
「○○ちゃんもやってるからいいんだもん!」
みたいな数の暴力に任せた根拠は困りますがね。

意見を戦わせるのって難しい。
というか個性を出していくのが難しいなあと思う今日この頃。
意見を出すよりも考える事の方が多い俺は、
良くも悪くも日本人的なんだろーねorz
  1. 2006/01/29(日) 04:18:26 |
  2. URL |
  3. Maqbes #-
  4. [ 編集]

お、反応があった

ワショーイO(≧∇≦)O

ディスカッションの国アメリカ、長い物には巻かれろの国ジャパーン。違いを最近もろに感じるわけだ。

自分をしっかりと持ってないと議論そのものが浅いの~。たぶん一番日本的なのは、しっかりと自分の意見やら過程やら持っているけど、それを隠して「ですね~^^」とさらりと通り抜ける漢字なのだろ~と思う。
  1. 2006/01/29(日) 11:34:56 |
  2. URL |
  3. nao #jxT87rSU
  4. [ 編集]

最近感じた

これは議論じゃねえ、というもの。

風雲浅井家BBSでの合戦の反省(のレス)。
裁判か何かですか?
  1. 2006/01/29(日) 18:16:03 |
  2. URL |
  3. Maqbes #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/377-c4bed461
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。