28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マイノリティ・リポート


(C)2002 TWENTIETH CENTURY FOX and DREAMWORKS L.L.C. CR: DAVID JAMES






2054年、ワシントン。犯罪予防局の設置で今や殺人事件はゼロ。事件は、予知能力者(サマンサ・モートン)の脳を通して映写される。ある日、主任刑事のジョン(トム・クルーズ)は、その映像に見知らぬ男を殺す自分の姿を発見する。
                         -flix




スピルバーグ&トム・クルーズコンビのエンタテインメントムービー。犯罪が予知できる近未来。完璧を誇る犯罪予防局の秘密を、突然、殺人犯だと予知されてしまった同局のチーフの必死の逃亡劇を通して描く。

これも洋画劇場で吹替えで観た。いやー吹替えウケるね。ちょっと間が抜けた感じの日本語がいい感じです。

管理人にとってスピルバーグ作品というのは、ムリヤリなハッピーエンドなイメージ。エンディング前までほぼ完璧に素敵な流れで行くのに、ラストだけはいつも美味しくいただくことができない。この映画でもそう。あっさりと終わるのは悪いことではないけど、あそこまでぐるんぐるんと展開をひねったのになぜか非常にさっぱりとしてる。あの流れで行くのなら、ラストにがつんと見せるにはアガサのエンディングはまずいんじゃないかと思う。

近未来ムービーだけどちょっとダサい?と思えるあたりはディズニーの『トロン』に似ている。そのダサさがなんとも管理人には心地いいんですがね。

雰囲気とか音楽とか映像とか演出とか、ラスト以外は完璧。というか、前述のとおりスピルバーグ作品はいつだってそう。ラスト以外はパーフェクトさんです。(個人的な意見ですが)

トムはかっこいいですね。ラストサムライみたいななんともいえない役よりも、こういう役の方があってる気がします。いつになってもトムのベストムービーは『カクテル』のような気もしますが。

けっこうサスペンス要素も強く、最近のありふれたサスペンスよりよっぽどいいです。いろいろと詰め込んでいる映画なので○○物とひとくくりにしにくいですが、どれか一つ一番の要素を挙げるとしたらサスペンスかなと。んでスリラー要素はほぼ皆無なので、万人向けサスペンスムービーとでも言いましょうか。


バランス良し、世界観良し、演技良しの良作ムービー。しかし突っ込み所も残してくれるあたりがスピルバーグクオリティ。


総合★★★★☆

映像★★★★★
脚本★★★★☆
衝撃★★★★☆
音楽★★★★★
スポンサーサイト


  1. 2006/01/28(土) 21:03:30|
  2. movie|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/380-f50acb8f

マイノリティ・リポート

1月27日の日本TV金曜ロードショーでマイノリティ・リポートが放映された。しかもノーカット。2002年 アメリカ監督  スティーブン・スピルバーグ脚本  スコット・フランク&ジョン・コーエン原作  フィリップ・K・ディック主演  トム・クルーズトム・クル
  1. 2006/01/28(土) 23:28:49 |
  2. 海外ドラマ☆SFワールド
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。