28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

五条霊戦記 GOJOE





平安末期、平家が支配する闇の時代。京都の五條橋では、平家武者が次々に”鬼“に襲われるという怪事件が起こっていたが、その正体は源氏の生き残りである遮那王こと源義経であった。
                       -goo映画




義経と弁慶の物語を、新しい解釈で描くアクション時代劇。監督は「ユメノ銀河」の石井聰亙。石井監督と大崎裕伸、諏訪敦彦による原案を基に、「ドッグス」の中島吾郎と石井監督が共同で脚本を執筆。

弁慶と義経による五条大橋の戦いを題材に使ったオリジナルストーリー。
管理人の経験上、歴史の独自解釈をした映画はハズレが多い。この作品はなんというか、成功とも言い切れず失敗とも言い切れず。管理人にとってはそんな状態。

良い点はやはり役者。浅野さんの義経はすばらしかった。魔界転生のリメイクは窪塚洋介よりも確実にはまり役だったと思うんだけどね。この作品での主役は弁慶で、その主役を担ったのが隆大介。えらくしぶい人を主役にしたなぁ~というのが感想。Vシネの印象が強いんですよね。いや、演技はよかったですよ。浅野さんや永瀬さんが出演しているのに、あえて渋めの人が主役というあたりがちょっと新しいなと。

悪い点は演技の周りの部分。
太鼓の音眠すぎ。HEROとごっつ。多少ロック調になるときがある分まだマシかもしれないけど。
映像ゴネすぎ。アクションシーンはわりかしいい感じだったのに台無し。目が痛くなる。アクションを映像処理で彩るということはそういうことではない。ぐちゃぐちゃにしてなんとなくかっこいいみたいに見せるやり方は間違い。
近年壮大なスペクタクルをたくさん見すぎたせいかもしれないけど、エキストラやCGで見せるバックの人数が少なく感じた。平家の栄華をもっと壮大に見せた方が面白かったと思う。


日本という枠をよくも悪くも超えてない映画。日本史の面白さを出したいのは悪いことではないが、忍者風な戦闘など見せるのならもっとスタイリッシュな映像と音楽を希望。


総合★☆☆☆☆

映像★★★☆☆
脚本★★★☆☆
感動★☆☆☆☆
音楽★☆☆☆☆



スポンサーサイト


  1. 2006/02/21(火) 01:20:56|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/397-82857b40
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。