28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ペイ・フォワード


(C)2000 Warner Bros. All Rights Reserved






中学1年のクラスで社会科教師が「もし君が世界を変えたいと思ったら何をするか」と問いかける。トレバー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)が考えたアイデアは理想論的ではあったが、その小さな試みに秘められた大きな優しさは、いつしか全米中に広がっていく。
                      -flix




アカデミー賞受賞歴のあるケビン・スペイシーとヘレン・ハントという大人の魅力溢れる二人、そして『シックス・センス』でのアカデミー賞ノミネートが記憶に新しいハーレイ・ジョエル・オスメント君という豪華な顔ぶれの作品。

リストを眺めてて『へ』のところにはなんにもないな~と思っていて思い出した作品@@;観たのはだいぶ前。
『シックス・センス』『A.I.』主演のハーレイ君ですが、過去の作品を見てもわかるとおり一癖ある作品への出演が多い。この作品でもそう。これは少年が語る理想論が現実になっていくという感動作なわけですが、痛い映画でもあります。ハッピーエンドで気分よく終わりたい方にはオススメできない。
ミミ・レダーという『ディープ・インパクト』の監督なんですが、作日の印象とは『ディーピ・インパクト』とまったくもって違う。拍子抜けの『ディープ・インパクト』とは違い、ぐさりとナイフを突き刺すような衝撃作。リアリズムに富んだ現代的作品と言えると思います。

この作品も『シックス・センス』『ソウ』などと同じく、あまり多くを語るのはまずい作品かと。とりあえずタイトルの劇中での意味を書いておくと、『他人にいいこと(喜ばれること)をしよう。された人は別の他人にいいことをしよう。そうやって世界の輪を広げていこう』そのような意味です。ピュアな少年による痛痛しい映画。A.I.の衝撃と激似。


とりあえず管理人は好きな作品です。痛いですが。


総合★★★★☆

映像★★★★☆
脚本★★★★☆
感動★★★★★
音楽★★★★☆



スポンサーサイト


  1. 2006/03/20(月) 23:19:34|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/415-6cf77d20
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。