28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジャッキー・ブラウン





ロサンゼルス。ジャッキー・ブラウン(パム・グリアー)はメキシコの航空会社に勤めるスチュワーデス。安月給で苦しい生活のため、裏で武器密売人オデール・ロビー(サミュエル・L・ジャクソン)の隠し金の運び屋をつとめていた。オデールは刑務所を出たばかりで少しボケ気味の相棒ルイス・ガーラ(ロバート・デ・ニーロ)を連れて、保釈金融業者のマックス・チェリー(ロバート・フォースター)の元へ赴く。
                       -goo映画




中年スチュワーデスが武器密売人と警察を向こうに回し、一獲千金の大博打に出る姿をコミカルに描いたサスペンス。監督・脚本は「レザボア・ドッグス」「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノで、彼の長篇劇映画第3作。


比較的正統派な脚本作品かな。
サミュエル・L・ジャクソン扮するオデールがかなり際どいキャラで、主人公はほぼ彼なんじゃないかという存在感がある。
映画そのものはエグい部類だけど、エグい系の映画の中では全然軽い方。
このテの映画好きなんだけど、スナッチと比較すると個人的にはかなり見劣る。あそこまで細部すべてを覚えてしまった映画は初めてでしたから。

エンディングへの持っていき方は哀愁&クール路線。ロバート・フォスターが雰囲気出ててかなりいいです。最近の作品で言うとショーン・ペンとニコール・キッドマンの『ザ・インタープリター』のような雰囲気です。
デ・ニーロは印象違いすぎて最初わからなかった。あれは特殊メイクなのか、それとも激太り状態なのか。


タランティーノ好きなら見てみるのもいいのではないでしょうか。管理人としては『レザボア・ドッグス』から見るのをオススメしますが。



総合★★★★☆

映像★★★☆☆
脚本★★★☆☆
感動★★★★☆
音楽★★★☆☆



スポンサーサイト


  1. 2006/04/18(火) 21:00:14|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/426-4c179945
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。