28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

I am Sam









7歳児の知能しか持たない知的障害者のサム(ショーン・ペン)は、一人娘のルーシー(ダコタ・ファニング)と幸せに暮らしていた。だが、7歳になったルーシーは、自分の能力が父を追い抜くことが心配になってしまい……。
             -flix





不朽の名作。心温まるヒューマンドラマ。
今天才子役として売り出し中のダコタファニングが世に出るきっかけとなった映画。

音楽は全編ビートルズで固められてて、いたるところにビートルズを意識した映像なども流れます。

映画の見どころの一つはサムの苦悩を少しだけコミカルに描いた部分。世間として疎まれがちなキャラがどこか憎めない感じにいい具合に仕上がってます。スタバでアルバイトしているサムの姿などけっこう好きでした。

そしてもう一つ、サムと敏腕弁護士で裁判を争っていく流れ。敏腕弁護士の天狗の鼻がサムの温かい心によって徐々に縮んでいき、彼女の心も洗われていく。この感じはけっこう一般的なんですけどサムのキャラと音楽、そしてうそくさくない脚本の展開によってダイレクトに伝わってきます。


非常にお涙頂戴の映画なんですが、コミカルに楽しく見れます。サムの友達達もポイント高いですね。


総合★★★★☆

映像★★★☆☆
脚本★★★★☆
感動★★★★★
音楽★★★★☆
スポンサーサイト


  1. 2005/09/25(日) 02:17:27|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/45-dc9c7052
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。