28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【コラム】批判と感謝

最近映画も見てないな~


とりあえず日付変わったんで今日から『嫌われ松子の一生』がスタートですね。まぁ、間違いなくこれは見に行きます。下妻が強烈でしたからねぇ。原作も好きですし。余談ですけど、原作見てて映画は「えー」って人はけっこういるみたいですよ。あくまで他人の反応ですがね。


今日は何の話をしましょうか。
『親がいなくても子は育つ』という格言は、『更新しなくてもHIT数は伸びる』の類義語です。あ、失敬。


今日は批判と感謝について。

掲示板を代表するように、ネット上での言葉のやりとりというものは温度を感じない言葉、冷めた言葉が多数存在しているように感じます。誰でも簡単にとある名刺を中傷できる環境がいけないとか、色々と意見はあると思うんですけど。

管理人はこのように思います。

『批判的なことや攻撃的なことを言う(書く)場合、その相手に対するリスペクトがない限りやってはいけない』

何故か?尊敬とまではいかなくても、ある程度応援の概念がない限り、それはただの言葉の暴力だからです。
「こうしたらもっと良くなると思うよ」「俺はこういう風にした方が好きだな~」など、相手のことを思った批判であれば、受け取り側も素直に受け取れるはずです。

逆に言えば、行動を起こす側も周りに支えられているんだという意識を持つべきです。アーティストならCDを買ってくれる方がいるから、映画製作者なら見てくれる人がいるから、プロスポーツプレイヤーなら応援してくれる人がいるから、だからこそやっていけてるのだと。得意気になっていては、自分は満足かもしれませんが次がありません。


管理人はここ2年ほど、マジメにこのように考えてます。荒らしなどを無くすにはどうしたらいいのか?それは荒らしがこなくなるようにするなどといった一時的なものではなく、人間改革が必要なのだと。
国会で必要なのが政治改革ではなく、政治家改革であるのと同じようにね。


まぁ、たぶん綺麗事なんでしょうが。でもやっぱ理想はそうでありたい。
スポンサーサイト


  1. 2006/05/27(土) 02:28:51|
  2. weblog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/455-09f7f0ba
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。