28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【サッカー】W杯 日本代表統括


あまりにヒデのこの写真がインパクトがあったため表紙にしました。


1分2敗でグループリーグ敗退となった2006ワールドカップ。
客観的に見ればごくごく当然の流れだったと管理人は思う。もちろん突破してほしかったのは言うまでもないですが。

1時間ほど今余裕があるので、箇条書きにして進めてみましょうか。


◇なぜ日本はグループリーグを突破できなかったのか?

いくつかあげてみましょう。

1、ジーコの人選。
代表での貢献度で選ぶという、不可思議な人選。これは納得できません。W杯で一番活躍できそうな選手を選んでいただきたい。ピークを持ってこれる選手こそ優先すべきでしょう。
松井落選によりドリブラーが玉田一人となったことも失敗。柳沢はケガで出遅れているにも関わらず、呼んで試合勘がなくシュートを失敗。今回は柳沢ではなく寿人だったはず。
そしてバックスの面々。田中マコが早々にケガでリタイア。追加召集で茂庭を呼ぶも、坪井も足がつって途中交代という試合があった。坪井の後に茂庭が入り、控えのバックスは中田コ一人。特に中田コはバックスというより、本職ボランチの選手。これはいかがなものか。ブラジルやクロアチアといったオフェンスの強烈なチーム(今回のクロアチアはひいてリアクションサッカーに徹していたので違ったが)と対戦することがすでにわかっていたのにも関わらず、この不用意さ。危機管理をホントにしていたのか、かなりの疑問が残る。

2、ジーコの采配
試合中の采配について。
あいかわらず珍采配が目立つ。特に1戦のオーストラリア戦。後半の小野投入の意味はなんだったのだろうか。
消耗戦となっているあの時間帯に、小野投入により選手は何を思っただろう?攻めるのか1点を守り抜くのか、はっきりと見えない交代だったのではないだろうか。
以前にもこういった、攻めていくのか守りに入るのかわからない交代が目立った。しかも今回は、カウンターの驚異となる柳沢を変えての交代。まったく持って意味がわからない。バックスに入りながら守備の枚数を増やすのなら稲本、遠藤、中田コなどいるじゃないですか。オーストラリアの1点目のシュートは、苦しくも飛びこまなかった小野のところからのシュートだった。
後半もロスタイムに入り、まったく時間がないところからの大黒投入も×。自分たちの残りわずかな時間を自分で少なくしてしまった。前もって手を打つのが戦術というものだと思うが。

3、守備要素
これは非常に痛い。
本番に入っても守備の連携の意識が取れていなかった。前線からチャージをかけてショートカウンターを連発したい前線~中田ヒデまでと、ある程度ひいてスペースを消したいバックス~福西まで。その意識の食い違いが生んでしまったのが中盤のぱっかりと空いたスペース。ここで相手に持たれてしまうため、前線の選手は戻りが激しく、かなりの体力を消耗することとなった。
こういった部分は監督の戦術で決まるものだと思う。決定権が監督にあるはずなのに、そこをしっかりとした舵取りをしないために生まれた歪。常識的に言えば陥る事態ではない。



細かく言えばきっとまだあるんだけども。まぁ、まずはこの結果は必然だったということです。くどいようですが、もちろん勝ってほしかったですよ。

んではジーコの良かったところはなんだろうか?それは選手をかばうところ。最近見た育成世代の代表監督よりはこの点で数倍素晴らしい。
記憶に新しい去年のワールドユース監督のあの人は、『Jリーグで活躍する面子を差し置いて、自分が連れてきた大学生』に責任をすべてなしつけた。
アビサポである管理人にとって、北斗と柳楽が出場していたWYは全試合見ていたんですよね。彼は監督としてダメダメなだけではなく、人間としてダメだった。
それに比べるとジーコはいいんですよ。選手批判はかなり少ないですからね。ジーコの監督としての技量にはかなりの疑問符がつくものの、嫌いではないんです。



さて、次の代表監督について様々な議論やら情報が飛び交っていますね。
現状ではオシムが有力の様子。「オシムなら・・・」と期待が膨らんでしまいますなぁ~。
また、別の情報ではデシャンの可能性もあるっぽい。日本代表はいつから監督の練習場所になったんだろうか。

Jリーグから引っ張ってくるのなら、まずオシム、シャムスカでしょう。海外から引っ張ってくるよりも日本人について知っている。なんとかオシムに決まってほしいなあ。
スポンサーサイト


  1. 2006/06/23(金) 14:00:44|
  2. sports|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/465-f0a0073e
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。