28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1級建築士再試験へ

マジ勘弁してほしい


姉歯問題、ヒューザーの小嶋社長、検査機関も怠慢検査、、、

まだ記憶にも新しい、世間を震撼させた言葉達です。その波はついに建築業界にまで及んでくることになりそうです。

抜本的に1級建築士を見なおす動きが永田町で出ています。現在1級建築士免許を持っている人は再試験、もしそこで落ちれば2級に降格、もしくは準1級を設ける。こういった案があるようです。


管理人はまさに建築業界の人なので、かなりストレートにこの内容をくらいます。管理人は建築士免許を持っているわけではないので、個人的に問題はないのですがね。会社としては大問題です。

1級建築士免許というものは、事業所に最低一人いないと家を建てられないんです。○○設計事務所なども同じ。ハウスメーカーは他支店の免許所持者が数支店受け持つ形で免許をまかなうことができますが、個人事務所の場合は最悪の場合「仕事ができなくなる」こともありうるわけです。

世間の目が「建築士」というものに向けられたために、建築士の資格を見なおすという動きになったのですが。これってあまりに安易すぎませんかね。自分の振りかかる火の粉だからというものが多少なりともあるでしょうが、それ以上に疑問です。

なぜ資格云々を今更言い出して、「検査機関(いわゆる住宅センター)」を見なおさないのでしょうか?こう言ってはなんですが、検査機関の強化をしっかりとし、資格保持者は定期的に勉強会、視察などでテコを入れていくべきなんじゃないでしょうか。

姉歯建築士と小嶋社長のインパクトがありすぎたため、検査機関の扱いがゆる過ぎる気がしますがね。

間違いのないようにことわっておきますが、あの事件は極めて異例です。ハウスメーカーも個人事務所も検査機関も、確実に安全な住宅を造っていますよ。そこのところ勘違いされないように。


住宅関連は公庫のこともあるし、また近いうちに世間をとりまく話題となるでしょう。
スポンサーサイト


  1. 2006/07/01(土) 14:58:49|
  2. society|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/470-5da92334
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。