28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ALWAYS 三丁目の夕日


(C)2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会






東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
                 -cinematoday




昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の触れ合いを描いた心温まる人情ドラマ。下町の住民たちには、吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子ら豪華メンバーが集まり、昭和の雰囲気を存分にかもし出している。『Returner リターナー』などVFXを使用した作品の多い山崎貴監督が、本物に引けを取らないほど美しい夕焼けを作り出すことに成功した。ほかにも建設途中の東京タワーなど、当時の日本が忠実に再現されている。

泣いた。
マイ・フレンド・フォーエバー並に泣いた。すごく自分とダブった。

以前『リターナー』を見ていたので期待していなかったんだけど、いや参りました。アカデミー総なめも納得。
昭和の温かみがもの凄く出ている。それはセットやVFX技術の使い方もそうだけど、なにより脇役の演者だと思う。マギー、温水さん、もたいまさこなど、これまでの映画や舞台を引っ張ってきた方々の空気が映画にフィットしてた。

たいてい映画を見る場合、管理人は「自分だったらこう撮るなー」とか「ここはもっと○○と。。。」とか、撮影者側の視点で見ることが多いんですが(勝手にそうなる)、この映画は終わった後にそういや何も考えないで見れたなーと気付きました。個人的にはこれはすごいなと。それだけ魅入っていたということです。

吉岡秀隆の演技がとても素敵で、リアルで最高に温かった。彼の力道山チョップはかなり好きです。
薬師丸ひろ子が演じるお母さんも最高です。息子の腕に仕込んだアレは、まさに自分とダブって泣きました。

アパートの隣の部屋の住人も知らないような現代にこそ、こういった作品はしみこんできます。「人間愛」これに尽きます。


最高の感動作。めずらしくレンタルで見たんですが、明日DVD買いに行ってきます。ファンになりました。



総合★★★★★

映像★★★★★
脚本★★★★★
感動★★★★★
音楽★★★★★



スポンサーサイト


  1. 2006/08/17(木) 01:44:27|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

ALWAYS三丁目の夕日応援委員会

ALWAYS三丁目の夕日を応援するファンサイトを運営しております。お互いいい映画に出会えてよかったですね。心の洗濯になります。よろしければホームページにも遊びに来て下さい。
http://www.geocities.jp/always3chome/
  1. 2006/08/17(木) 12:06:50 |
  2. URL |
  3. 委員長 #-
  4. [ 編集]

どうも

こんにちわ、初めまして。
素晴らしい映画でした。たしかに心の洗濯でしたね。
  1. 2006/08/17(木) 17:04:12 |
  2. URL |
  3. NAO #jxT87rSU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/491-c8f0a721
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。