28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【コラム】盆と映画

これで盆に見た映画は書き終わりました。ちなみにこのコラムはかなりの長文です。


だいぶ見ましたよ。しばらく見たいと思っていながら見れていなかったので。そういや日付代わったので今日から花田少年史が上映ですな。


レビューを見てくれている方はわかると思うんだけど、最近は人間愛についての映画を鑑賞していることが多いです。一番好みのジャンルということでもあるんだけど、自分が製作側として活動している人間として、こういった作品は自分に勇気をくれるんです。素敵な気持ちになって、自分も頑張ろうと。

なんで映画制作をやりたいと思ったのか?それは人の心を動かせる仕事ってなんて素晴らしいんだろうと本気で思ったからです。18歳の春くらいのことかな。一年浪人して、浪人をはじめたその4月から思っています。途中空白空きましたが、やはりこれは変わりませんね。

自分の伝えたいもの、出したいものを一つの形にして、見てくれた人の心を揺さぶることができる。しかもそれを自分を囲む仲間達で共有して成し遂げていける。こんなに素敵な仕事がほかにあるだろうか?と自分には思えるんですよね。体と脳が働く限り、何歳になってもやれるという点も素晴らしいし。

そんな感覚の中、お盆にたくさんの映画を見れたのは貴重でした。自分を奮い立たせてくれるし、やっぱ自分は映画が好きなんだなと再確認させてくれるし。一部から映画オタクって言われますけど、まんざらでもないです。

自分が本当に好きなもの、打ち込めるものをみつけることが出来る人って世の中に何人いるんでしょうか。仕事だからとどこか割り切ってやるのとは違う。好きだからやっていると割り切れるもの。だいぶ時間はかかりましたが、めぐり合えただけで幸せだなと最近は思います。さらにそんな自分を助けてくれる周りの人々がいることも、やはりそう思います。1年前の自分とは確実に違う、地面に足ついて歩いていると確信できるんですよ。だから今の自分は自分で好きです。

イベンターとして活動していた4年前。いっぱいいっぱいになりながらも超寝不足でも打ち込んでいた時期がありました。あの頃は自分の生活、若さ、自分で切り開いていく人生といったところで周りが見えてなかったんですよね。だから自分をしっかりと支えてくれる人達が大勢いたのにそれに気付かず、天狗になった時期もありました。でもやっぱり見えてなかっただけで応援してくてた人や手伝ってくれてた人は大勢いて、そんな人たちに感謝の気持ちが足りていたのかというとかなり疑問で。

そんな昔の経験が、映画制作をやっていたわけではないけど今活きています。自分の正直な気持ちを出す勇気、そして感謝の気持ち、人の支えで成り立っている自分、そういったものをしっかりと受け止めて生きている気がします。

BANK BANDを見ているとよく感じるんです。あれって人によっては偽善に見えるんだろうけど、すごくピュアなスタートだと思うんですよ。じゃなかったらあんなに素敵な歌を歌えないと思う。自分たちで現実的にどうやったらやりたいように出来るか、どうやったら世の中に還元できるか、そういったものをしっかりと考えたアプローチです。だから応援しています。

映画のジャンルで人間愛が好きだと書きましたが、人が生きていくこと自体が人間愛のようなものだと思うんです。どんなに強がったって人は一人じゃ生きていけないでしょう?誰かが居てくれるから寂しくないし、本当の意味で生きているんだと。

クランクインの前にこの心境になれてよかった。お盆で少し製作から離れたタイミングがあったので、目の前の山積みな量に直面して少し怯えてたんですが、しっかりと戻りました。


人間ってもろいですよね。ちょっとしたことで怒ったり泣いたり。大事にするべきところをしっかりと大事にしてないと取り返しのつかないことになったり。きっと世の中の動物でここまで些細に複雑なのは人間くらいなもんだろうと思う。でも自分は、そんな人間が大好きなんだなあと思う。


以上終わり。長々とすみません。
スポンサーサイト


  1. 2006/08/19(土) 02:44:53|
  2. weblog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/497-e664e403
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。