28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

花とアリス


(C) 2004 Rockwell Eyes・H&A Project






幼なじみのハナ(鈴木杏)とアリス(蒼井優)。ハナは落語研究会に所属する高校生・宮本(郭智博)に一目惚れ。同じ部活に所属し、なんとか宮本に近づこうとするハナ。そしてある嘘をついたハナは、宮本と急接近する。しかし、その嘘がバレそうになり、さらに嘘をつくはめに。しかもその嘘がきっかけで宮本がアリスに恋心を抱いてしまい……。
                  -flix




女子校生2人の友情やジェラシーを書いた思春期の映画。
以前ショートフィルムで作られたものを映画館で上映できるように映画化した作品。

この映画のいたるところに言えることですが、どこか安っぽく、それが逆にねらいでもある。(と思う)
この安っぽさは学生映画フェスティバルレベルの映像(多少処理はしてるけども)なのですが、8ミリ映画独特の良さというものが感じられました。

岩井俊二というビッグネームですがあえて8ミリで撮影することで少女の心情をよりリアルに写しだすことに成功。やはり彼は常に斬新です。

クライマックスの宮本先輩がハナに帯を締めながら言うセリフは良かった。そしてその後の落語を聴くアリス。

とても繊細で壊れやすく、それでいてそっと包んであげたい。そんな映画でした。


総合★★★☆☆

映像★★★☆☆
脚本★★★☆☆
感動★★★☆☆
音楽★★★☆☆
スポンサーサイト


  1. 2005/09/25(日) 11:54:08|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/52-a338d63c
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。