28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン








1960年代半ば、詐欺師フランク・アバングネル(レオナルド・ディカプリオ)はFBIから指名手配されていた。FBIの捜査官カール(トム・ハンクス)は彼を追っていた……。
               -flix




実話を元に作られたコメディタッチ映画。
実に面白い!ディカプリオはこういう人をおちょくったキャラがよく似合う。そしてトムハンクスは実直なキャラがよく似合う。

この2人の演技がこの映画のすべて。笑の大学ほどストイックに2人ではないですが、ディカプリオとトムハンクスの演技力をフル活用された秀作。

見どころはディカプリオの七変化。ある時は医者に、ある時は弁護士に。ハッタリで生きる人間はここまでやれるのかw手先も器用で紙盤も自前。いわゆるスーパー詐欺師。

トムハンクスは実直かつユーモラス。ディカプリオがつかまった後の2人のやりとりはトムハンクスが持つ温かみがにじみ出ててすごく良かった。長年詐欺師を追い続けてきた彼はスーパー詐欺師の実力も認めており、また友情も沸いていた。そんな男くさい役を見事に演じてます。


比較的万人に薦められる映画かな。肩の力を抜いて笑いながら見ていただきたい。


総合★★★★★

映像★★★☆☆
脚本★★★★☆
感動★★★★☆
音楽★★★☆☆
スポンサーサイト


  1. 2005/09/25(日) 12:25:10|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/54-ee3d776e
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。