28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドラゴンヘッド


(C) 望月峯太郎/講談社 (C)映画「ドラゴンヘッド」製作委員会





テル(妻夫木聡)は新幹線の大事故でトンネルに閉じ込められる。新幹線の同乗者で生き残っていたのはアコ(SAYAKA)とノブオ(山田孝之)だけだった。3人は脱出を図るが……。
                -flix




原作は望月峯太郎著書の大ヒット漫画。
この作品の映画化が決まった時は『どれだけこのでかいテーマをリアルに書けるんだ?」と思ったものです。

ん~できればハリウッド映画の大作として日本に逆上陸するような映画であってほしかった。
正直ちゃちぃ。(方言かな?)
セットにしても完成度高い部分と低い部分の差が激しい。演技うんぬんの前に原作をしっかりと読み込んでいた僕にとってはがっかりな内容でした。

良かった点を挙げていくと
山田孝之のノブオ役。暗闇の中で強烈に変化を遂げるノブオは映画の中でもそのままでした。かなりポイント高い。

東京に行き着いた後の地下室のシーン。これはたぶんどこかの工場を使って撮影していたと思うんだけど、このシーンだけは妙にリアルだった。根津甚八がこの世界観にマッチしていたからだと思いますが。


んでファンの人にはぼろっかすに言われそうですけど、この作品の藤木直人サイアク。率直に言って演技下手。むしろ相方のメガネ君の方が良かったよ。

自然や人間の恐ろしさを伝える映画なのに、日本映画の限界とチープさを伝えてしまった映画。


総合★★☆☆☆

映像★★☆☆☆
脚本★★★☆☆
感動★☆☆☆☆
音楽★★☆☆☆
スポンサーサイト


  1. 2005/09/25(日) 16:26:18|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/64-d60e97d6
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。