28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

A.I.


(C)2001 WARNER BROS. & DREAMWORKS, LLC.






人口制限がされている未来社会。A.I.(人工知能)を持つ子供型ロボットを購入した夫婦は、デイヴィッド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)と名付ける。やがてデイヴィッドは本物の子供になりたいと願って旅に出るが……。
                  -flix




人間とロボットの関係について描かれたSFファンタジー。
故・スタンリー・キューブリックが企画したものをスピルバーグが映画化。

そしてやはりこの作品はキューブリックにラストまで指揮を執った作品であってほしかった。

がしかし、あまり否定的に書きたい作品ではないです。主人公でロボットのハーレイ君があまりに愛しくて気持ちが浸透します。

ロボットを破壊するコロシアムのシーンはただただ痛い。そして強いメッセージ性を感じます。人間の傲慢さと人間に左右されるロボットの悲惨さと哀愁。とにかく考えさせられる作品。ハーレイ君はあの『シックスセンス』の少年です。

この映画では人間はとにかく悪。ロボットは善。これはハーレイ君の視線に合わせた構成でこういうわかりやすい感じにしたんだと思う。

エンディングのシーンに関してはちょっと「ン?」って感じもなきにしもあらずですが、全体として見れば抑えておきたい映画であると思います。


総合★★★★☆

映像★★★★★
脚本★★★☆☆
感動★★★★☆
音楽★★★☆☆

もう一度見るのは痛すぎて嫌だけど。
スポンサーサイト


  1. 2005/09/26(月) 21:39:38|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/71-ae76d375
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。