28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

凍結精子で出生、認知せず

ここにもプレーオフ同様盲点が・・・


-抜粋-
 内縁関係にあった男性の病死後、凍結保存した精子で体外受精した関東地方の女性が、出産した女児を男性の子と認知するよう求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日「自然な生殖と著しく乖離(かいり)しており、認知は社会的にも不相当」と、請求を棄却した。
 死後生殖で出生した子の認知をめぐる訴訟は西日本に次ぎ2例目。最初のケースでは原告敗訴の松山地裁判決を高松高裁が逆転させ、被告となった検察官が最高裁に上告している。3回目の司法判断が再び原告敗訴となったことで、生殖医療をめぐる議論に影響を与えそうだ。
                 -共同通信



なるほど、死後の体外受精ね。体外受精が盛んになった今日の新たな問題ですかね。
この判決は管理人も妥当だと思います。死後なのにその人の赤ちゃんがほしいくらいだからとんでもない愛がそこにあるんでしょうが、これを認めちゃうと夫婦制度そのものに影響が及んできそうです。例えば、非常に優秀な方の遺伝子を受け継ぐために死後も冷凍保存(できるのかは不明)でもして、それを体外受精で使うという奇妙なサイクルができあがったりするかもしれない危惧が生まれます。

もちろん体外受精そのものを否定しているわけではありませんが、ちょっと日本の将来が心配になってくるわけです。まだあと50年ちょいは生きるつもりですしね。

そうそう、どうでもいい話なんですけど管理人と同じ年代は2000年で二十歳になるんです。そして21世紀初の成人式。なんのこっちゃないですがちょっと得意げに語ってみる。

んでドラえもんはいつできるのけ?
スポンサーサイト


  1. 2005/09/29(木) 18:34:17|
  2. weblog|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

  

コメント

そこに愛はあるのかな?

冷凍精子を体外受精、しかも相手の死後に。
私もこの判決は妥当だと思います。
安楽死に始まり、脳死、体外受精と、法律では割り切る事の出来ない問題が最近の世の中にはたくさんあります。

しかし、今回の体外受精。
そこに愛はあるのだろうか?
愛があるなら記憶の中でとどめておくって選択肢もあるんだけどなぁ。

でも以前、友人との会話で結婚て何が理由?てのがあったけど、真っ先に、その人の子供がほしいと思えば結婚!っていってたかもしれない。
女の性で片付けられる問題ではないよね。
特に産まれてきた子供にとっては・・・。
  1. 2005/09/29(木) 21:00:12 |
  2. URL |
  3. みね #-
  4. [ 編集]

そやね

今後またこの手の話は出てきそうやね。その都度ニュースになると思うけど、まずは子供の視点に立った判断であってほしいよね。いつの時代であっても。
  1. 2005/09/29(木) 21:11:24 |
  2. URL |
  3. nao #jxT87rSU
  4. [ 編集]

歴史が正しければ

ドラえもんが出来るのは2112年9月3日。
よって約107年後ですなw
  1. 2005/09/30(金) 11:51:54 |
  2. URL |
  3. Maqbes #-
  4. [ 編集]

なるほど

2112年でしたか~。

ちなみにマクベス君、URL表示してるんでリンクしてほしいと判断しはっつけまふ。
  1. 2005/09/30(金) 17:18:09 |
  2. URL |
  3. nao #jxT87rSU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/96-22ea2ad8

死亡男性の凍結精子で出産

既に亡くなった、当時内縁関係にあった男性の凍結保存した精子を使った体外受精で妊娠。生まれた子を男性の子としての認知する事を求めた訴訟を起こし、控訴審判決が東京高裁より出された。
  1. 2006/02/03(金) 19:18:09 |
  2. D-LIFE
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。