28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ


(C)2005 TWENTIETH CENTURY FOX






母親を亡くし、田舎にやってきた父と娘。娘のエミリー(ダコタ・ファニング)は、チャーリーという名の友達が出来るが、その姿は父親(ロバート・デ・ニーロ)には見えなかった……。
                   -flix




デ・ニーロ主演のサスペンス・スリラー。
見どころはなんといってもダコタ・ファニングの演技。今や天才子役の名をほしいままにしている彼女ですが、その評価はフロックではない。

I am Samの演技とは違って、かなり口数少なく何かにおびえた少女といった感じ。中盤あたりでチャーリーが誰だかけっこうな数の方がわかったようなのですが、その後も楽しめるのは彼女の演技あればこそ。デ・ニーロももちろんいい味出してますよ。

脚本に関してはちょっとありきたりくさい。結果まで同じ映画をどこかで見た。新鮮味はないけど魅入ることはできる。

また、この映画は見終わった後妙な"どよ~ん感"が漂います。胸がつっかえてる感じ。

他サイトの評価はけっこう低めですが、比較的見やすく楽しめる映画だと管理人は思います。


総合★★★☆☆

映像★★★★☆
脚本★★★☆☆
感動★★★☆☆
音楽★★★☆☆
スポンサーサイト


  1. 2005/09/29(木) 19:14:06|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/97-99020bdc
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。