28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

海猿


(C)FUJI TELEVISION/ROBOT/PONY CANYON/TOHO






仙崎(伊藤英明)は50日間に及ぶ潜水士の研修で、工藤(伊藤淳史)とペアを組まされる。誰よりも能力が劣る工藤を励まし支える仙崎。しかし、リーダー格の三島(海藤健)は彼らに理解を示さず、やがて仙崎と対立する。
                    -flix




人気漫画の実写版。
つい先日まで連続ドラマとしても放映されていたのは周知の通り。あのドラマはこの映画の続編です。

そしてこの映画をとりまくのが踊る~スタッフ達。ということで踊る~っぽさが随所に見られます。

んで管理人としては映画踊る~2よりもこちらの方が面白かった。んで映画よりもドラマの方が面白かったwやっぱ踊るスタッフはドラマの方があってますよ~。

映画なのにドラマの特別編みたいな印象を受けるんですよね、踊るって。この海猿は、たぶんそのへんを意識して映像をデジタル処理してるんだと思う。これはちょっと当たったかも。でもそういうところじゃないよねぇ、映画とドラマの違いってさ。

映画なんだから途中まで『○○ってなんだ?』みたいなことを考えさせておいて、んで途中あたりでそれがわかるみたいな。よーするに『○○は◇◇です』といった説明はわざわざいらないってこと。なんていうかテンポが止まっちゃうんですよね、そういう説明はいっちゃうと。

この映画は比較的そのへんも考慮したのかだいぶマシ。もちろんストーリー展開は面白い。説明うんぬんというのは踊るスタッフが作る映画に向けてってことで。

海猿そのものは僕はそんなに感動できなかったですけど、感動する人はしたみたいです。漫画の方が面白くて、映像は映画の方がいい。そんな感じ。


総合★★★☆☆

映像★★★★☆
脚本★★★☆☆
感動★★★☆☆
音楽★★★★☆
スポンサーサイト


  1. 2005/09/29(木) 19:31:16|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/98-b600b167
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。