28歳
映画のレビューサイトみたいなものですね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラスト サムライ


(C)2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved






南北戦争で英雄になったネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)は、戦争が終わってからは銃のデモンストレーションをして生計をたてていた。ある日、日本の政府が西洋の戦術を教えるためにオールグレンを雇い来日させる提案をした。
                   -flix




日本&ハリウッドの合作。日本人ならとりあえず抑えておこう的な映画。

製作陣営が日本人じゃないので、日本独特の繊細さについてはちょっとだけ物足りなさを感じなくもないですが充分配慮が行き届いてると思う。

当時のCMやまわりの声は『渡辺謙』がすごい!だったわけですが、そこまで特筆するほどすごいかぁー?いや、そりゃ悪くはないですけど。なんていうか過剰評価されてる気がしなくもないです。渡辺謙はすごく好きな俳優なんですが、人間の証明や鍵師ロックスミス(映画じゃないけど)に比べると魅力を全部引き出せてない気がしますけどね。でも日本の売り込みでもある映画なので、過剰評価くらいでもいいか。

管理人としては、この映画に関しては渡辺謙よりも真田広之でしたね。あれがもののふぢゃ。甘いマスクであの壮絶さ。彼こそベストマッチ。そしてベストな配役。

撮影の壮大さについても一筆書いておきます。大掛かりなエキストラ、大道具の数々、撮影に気合が入っていたのは観て充分伝わりました。すばらしいの一言です。

中村七之助は『真夜中の弥次さん喜多さん』でもハリウッド進出みたいですね。彼もちょっと前に迷走しましたが、ここらでなにかしらの手応えをつかんで、よりよい映画に参加していってほしいと思います。

もし観てない方がいるのなら是非抑えておきましょう。日本映画の発展のためでもありますが、もちろんちゃんと映画も楽しめます。


総合★★★★★

映像★★★★★
脚本★★★★☆
感動★★★★☆
音楽★★★★☆
スポンサーサイト


  1. 2005/09/29(木) 19:48:41|
  2. movie|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onga.blog12.fc2.com/tb.php/99-af4cfa3f
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。